看板犬5頭と過ごす、てんてこまいな毎日を日記方式で綴っていきます。おバカなワンコ達ですが、息抜きにどうぞ~~
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 これってどう思う??
2006年04月13日 (木) | 編集 |
おとといの夜のこと。。

夜中3時頃、そろそろ寝っか~とベッドに入り

うつらうつらしていると、手の指先がしびれてきた・・・

あ。。これはもしや。また金縛り??

金縛りも何度か経験すると、あ。。この感じ・・・そろそろ来るな。。

とわかるものである。

しかし、霊的なものは感じた事が無く、自分なりの解釈では

脳の運動神経の部分は寝ているが、意識だけはあるため、

それで体が動かないんだろ~な~と思っていた。

確かに、数分するといきなり体が動くなるようになるし、金縛りに

あっている時も、何か見えたり感じたりすることもない。。

なので、あたしの場合は疲れなどが溜まってくると、その辺の神経系の

伝達がおかしくなって金縛りに会うんだろうと解釈していた。

が!!!

おとといは違ったのよ~~~(泣)

なんか感じたんだって。。まじで・・・(号泣)

いつものように あ、また来るよ・・金縛りが・・・って思ってる矢先、

案の定、やってきた。。

そのうち、とけるだろうとそれほど気に留めてなかったんだけど

どすん!!

へ??

なんか足元に何か乗ったような、おもた~い感じ。。

もしや、もう朝方で旦那が帰ってきて、ただいま~のつもりで

乗っかってきたんだろうか??

(旦那様はバーテンダーのため、帰宅は朝。なので夜はいつも寂しく

1人寝なわけで・・・)

もう!!せっかく寝てたのに重たいな~・・・(怒)

しかし、ただいま~ などの声も聞こえない。。

ん??なにか違う??

そうこうしているうちに、その物体がそろりそろりと上に上がってきた。

明らかに手で体重を支えつつ、あたしの顔の方に近づいてくる気配。

もうこの時点で完全に誰かにのしかかられてる感じがヒシヒシと・・

首のあたりに髪の毛らしきものが触ったような感じも・・・

ん~~~。まずいことになってるっぽ・・・

これはどうにかしせな、あかんな~。。と思い

少しだけ動く指先を動かしてみた。

はう!!

なんか誰かの皮膚の感触!!

できる限りの力で引っ掻いたりつねったりしてみた。

その間も首の後ろのあたりに人の息がかかる気配。。

どれくらい時間がたったかわかんないけど、いきなり解けた!!

なんだったんだ・・・いまのは??

見てもないけど、性別は男性。。

なぜかそれは確信がある。重たさや皮膚の感じ??

そんなんで男と断定!!

考えた結果、ん~。たぶん夢??

あっはっは~~~~。ふう~。(汗)

その後、約3分ほどで眠りにつきました。。

今、思うと、おいおい。そんな簡単でポジティブシンキングでいいわけ?

どう思います??これって・・・


_R3S5615.jpg

私 「ねえ。メル姐さん。。これってどう思う??」
メル「そりゃ、あんた霊のしわざでないの??」
私 「やっぱ、そう思う??」
メル「過去に振った男が自殺でもして、うらんでるんよ。あんたを・・」
私 「え・・・」

翌日、この事を旦那様に話すと

旦那「俺、心配だから早く帰るよ!!」

と言い出した。なんかヒマだったらしく帰れる口実を与えてしまった??

と感じつつも

私「うん。ありがと~~(涙)」

あらあ。優しいところもあるのね~・・・などと感じてました。

そして、夜中の2時過ぎ頃にご帰宅。

旦那も帰ってきたことだし、寝るかね・・・と寝室に移動。。

と言っても一緒に寝るわけではなく、やはり1人寝(爆)

次に日、仕事だし。早く寝るにはやっぱ1人がベスト!!なわけで・・

逆に隣にいられると、眠りが浅かったりすることも。。(汗)

1人寝になれすぎたわ~。。。あたし・・・(涙)

旦那様が隣の部屋にいるって安心感からかぐっすり就寝。

金縛りも霊的なものも感じず、健やかに眠れました。

次の日の朝。あたしより先に起きた旦那様が一言!!

「朝一でパチスロいってきま~す!!」

あんた。。実はそれがしたくて早く帰ってきたんでないの??

と疑惑の視線を送るあたしを尻目に早々に出て行かれました・・

果たして勝ったんだか負けたんだか・・・

ちなみに兄にこれを話したら

「お前、男の霊にのしかかられるなんて欲求不満なんじゃないの??」

え・・・・(汗)

この記事に、もしやチーサマ危うし??と思った方、左上のランキングアイコン

ポチッとよろしく~!!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。